活動地域東京都議会・大田区
都議会候補
柔道整復師 ◎ プロフィール ◎
リオ五輪帯同トレーナー
時津風部屋 元力士 尖山
医療政策修士・経営管理修士(MBA)
日本大学文理学部出身
法政大学大学院修了
東京医科歯科大学大学院修了
東京都青年会議所会員(大田区委員会)
巣鴨総合治療院・整骨院グループ代表
<家族>妻・子二人(双子2歳)

NEWS

日々の活動

子育て・介護・次世代を担うものとして
私自身が双子のパパとして子育てに携わる立場から、常に子育てのために今何が必要かを考えています。
私自身が介護を経験してきたこと、介護政策を大学院で学んできた立場から、
今いる場所で安心して受けられる介護制度とはどんなものなのかを考えています。
私自身が次世代を担う一人の人間として、誰もが安心安全な暮らしが出来る、
そして未来に希望の持てる東京都はどんな街なのかを考えています。
この東京を想い、大田区を考え、みなさまのために働きたい。
政治は遠い存在。私自身がそうであったように。
でもその政治がもっと身近に感じられるようにしたい。
東京で今何が起こっているのか。
その解決のために、何が必要なのか?
行政や議会はどう対応しているのか?
その対応の結果、どうなったのか?
そのひとつひとつをみなさまに説明すること!
みなさまの声をしっかりと聞き、お1人でも多くの方からご意見を頂き、それをしっかりと伝えていきたい。
不透明な都議会に光を差し込み、開かれ、そして分かりやすい議会への改革に鋭く切り込んでいきます。
これまでの都政のやり方ではもう前に進みません。
アメフトや大相撲で鍛えた体力や忍耐力、MBA(経営学修士)ホルダーとしての知識、
医療のプロ、企業経営者としての経験をフルに活用し、誰もが求めている納得のいく税金の使い道と、
見える化した明るい議会をみなさまにお見せします。
そして、誰もが安心して、すべての人が安全に住み続けられる東京都・大田区をつくって参ります!

プロフィール

わたしのしてきたこと

沢田 大作
(さわだ だいさく)

1979 年(昭和 54 年)2月14日生まれ
中学時代は柔道
大学時代はアメフト
その後、力士を経験

経歴

東京医科歯科大学大学院終了(医療政策学修士)
法政大学大学院修了(経営管理修士・MBA)
日本大学出身、日大フェニックス(アメフト部)のレギュラーとして、東日本学生優勝を経験
東京医療専門学校卒業(柔道整復師)、在学中、柔道の東京都大会の団体戦で優勝
企業経営者として 13 年経営に携わり、女性の上級管理者比率 33% を達成
リオオリンピックに日本代表選手のトレーナーとして帯同
24 時間テレビで、林家こん平師匠のリハビリに携わり、1人で 40m 歩けるまで回復させ視聴者に感動を与えた
東京青年会議所大田区委員会 委員
2017 年 わんぱく相撲大田区場所 実行委員長

著者

メディア掲載

日経ビジネス
震災支援活動は終わらせない!~熱き心人がつなぐ絆
福島第2原発で働く作業員の心と体をほぐす
記事はこちら

政策

みなさまとのお約束

活動報告

わたしの記録

スポーツ関係

2016年8月 リオデジャネイロ
2009年7月 米国ペンシルベニア州
2008年4月 米国ジョージア州

医療政策関係

2016年8月 リオデジャネイロ
2015年7月 名古屋
2015年3月 蒲田他
2014年9月 ラオス
2013年7月 愛媛

ボランティア活動

2016年8月 日本テレビ
2016年4月 豊島区立仰高小学校
2016年4月 巣鴨駅前
2015年3月 蒲田他
2013年7月 武蔵小山

お問い合わせ

*お名前
ご意見・ご感想
*お名前
*メールアドレス
ご意見・ご感想